給付金の勘定科目と仕訳について会計士が解説!

勘定科目・仕訳

新型コロナウイルス感染症の影響による業績悪化の対策支援制度として、国からの持続化給付金や家賃支援給付金、また都道府県や市区町村からの給付金、支援金、助成金などがありますが、その給付金等をもらったときの仕訳と勘定科目、消費税区分について、例題を使って仕訳例を説明します。

新型コロナウイルスの影響により業績が悪化したため、国の持続化給付金を申請し、預金口座に1,000,000万円が振込まれました。

借方科目借方金額貸方科目貸方金額
普通預金1,000,000円雑収入1,000,000円

給付金や支援金、助成金は会社の売上ではないので、営業外収入である「雑収入」としましょう。
「雑収入」には、他にも雑多な収入が入ってきますので、損益計算書上では内容が分かりません。
内容が分かるようにしたい場合には、営業外収入の区分に「持続化給付金」などの勘定科目を作成しても問題ありません。
消費税区分は、「対象外」と設定しましょう。
間違えると、消費税を多く納税してしまうことになるかもしれませんので注意です。

新型コロナウイルスの影響により業績が悪化したため、国の家賃支援給付金を申請し、預金口座に1,234,500万円が振込まれました。

借方科目借方金額貸方科目貸方金額
普通預金1,234,500円家賃支援給付金1,234,500円

「家賃支援給付金」という勘定科目を作成し、使用しても大丈夫です。

タイトルとURLをコピーしました