仕入れの勘定科目や仕訳について会計士が解説!

勘定科目・仕訳

仕入れの簿記の仕訳について、例題を使って仕訳例を説明します。
また、会計ソフトに設定する消費税の税区分についても、解説します。
経理の初心者の方にも、わかりやすく書いていますので、ぜひ参考にしてください。

商品を現金で仕入れた場合

1,000円の商品(販売用)を購入し、現金を支払いました。

借方科目借方金額貸方科目貸方金額
仕入高1,000円現金1,000円

借方科目は、一般的には「仕入高」で大丈夫です。
具体的な表現にしたい場合は「商品仕入高」にするとわかりやすいでしょう。

1,000円の商品(自己消費用)を購入し、現金を支払いました。

借方科目借方金額貸方科目貸方金額
消耗品費1,000円現金1,000円

ひとつ前の例と同じ商品でも、自己で使用・消費する目的で購入した場合には「消耗品費」となります。
「仕入高」も「消耗品費」もどちらも費用の勘定科目ですが、損益計算書で表示される場所が異なります。
「仕入高」は売上原価の項目であり、「消耗品費」は販売費及び一般管理費の項目です。

販売用商品を購入し、振込手数料は先方負担の場合

10,000円の商品を購入しました。代金は月末までに振り込みます。

借方科目借方金額貸方科目貸方金額
仕入高10,000円買掛金10,000円

購入した日には、まだお金を支払っていないので、貸方科目は「買掛金」を使用します。
買掛金とは、相手にお金を支払いをしなくてはならない義務(債務)のことです。

後日、振込手数料550円を引いた残額9,450円を先方の普通預金に振り込みました。

借方科目借方金額貸方科目貸方金額
買掛金10,000円普通預金10,000円

お金を振り込んだので「買掛金」をゼロにするために、借方科目に持ってきます。
振込手数料550円は銀行に支払っているのですが、先方が負担してくれる約束になっているため、商品代金は差額の9,450円です。
振込手数料は負担していないので、「支払手数料」は仕訳に出てきません。

仕入れの仕訳を記帳するタイミング

仕入先にメールで商品を注文しました。

仕訳タイミング:×

注文した商品の在庫が仕入先にあるかどうか不明なので、まだ仕訳は記帳しません。

仕入先から今日、商品を発送したとの返信がありました。

仕訳タイミング:△

仕入先が商品を出荷した日付で仕訳を記帳します。(出荷基準)
実際に商品が届くのが後日なので、個人的に出荷基準は好みませんが、記帳しても間違いではありません。

商品が自社に届きました。箱を開けて中身の確認はしていません。

仕訳タイミング:〇

商品が届いた日付で仕訳を記帳します。(入荷基準)
商品が不良品であった場合、返品する可能性はありますが、記帳しても問題ありません。

届いた商品の箱を開けて中身を確認し、不良品や商品違いがないことを確認した。

仕訳タイミング:◎

商品を検品した日付で仕訳を記帳します。(検収基準)
個人的にはベストな記帳のタイミングだと思います。

前月21日から今月20日までに仕入れた商品の請求書が仕入先から届きました。

仕訳タイミング:〇

大きな企業では、商品の入庫システムと会計ソフトが連動しているため検収すれば自動的に仕訳が記帳されますが、中小企業では、そのようなシステム化がされていないので、検収の都度、仕訳を記帳するには非常に手間がかかります。
月次の損益を算出する必要がないのであれば、請求書が届いた日に仕訳を記帳しても問題ありません。
ただし、決算月の21日~月末までの仕入れは、決算月の日付で必ず記帳する必要があります。

請求書がの金額を振り込みました。

仕訳タイミング:〇

ひとつ前の場合と同じく、月次の損益を算出する必要がないのであれば、仕入れ代金を振り込んだ日に仕訳を記帳しても問題ありません。
ただし、決算月の仕入れは、決算月の日付で必ず記帳する必要があります。

事前に手付金を支払ったうえで仕入れを行った場合

商品の仕入れ代金として、事前に50,000円の手付金を支払いました。

借方科目借方金額貸方科目貸方金額
前渡金50,000円現金50,000円

手付金は支払いましたが、まだ商品の発送が完了していないため「仕入高」ではありません。
資産の勘定科目である「前渡金」を使用します。

商品が届いたので検品を行い、残りの50,000円を振り込みました。

借方科目借方金額貸方科目貸方金額
仕入高100,000円普通預金50,000円
前渡金50,000円

検収が完了したので「仕入高」を計上します。
手付金の「前渡金」は「仕入高」に振り替える必要がありますので、忘れないようにしましょう。

消費税の税区分について

消費税を税務署に納付しなければならない会社や個人事業主、フリーランスなどの課税事業者は、弥生会計などの会計ソフトに仕訳を入力するときに、勘定科目や金額のほかに消費税の税区分を設定する必要があります。

ここでは、その消費税の税区分に設定する内容ついて、簡単に説明します。

消費税を納付する必要のない免税事業者は、関係はありませんので見なくて大丈夫です。

税込1,100円の商品を購入し、現金を支払いました。

借方科目借方金額税区分貸方科目貸方金額税区分
仕入高1,100円課税仕入10%現金1,100円対象外

通常の仕入れは、課税仕入となります。
商品が食料品の場合は、「課税仕入8%(軽)」と設定しましょう。
※(軽)とは軽減税率のことで、食料品のテイクアウトなどは消費税が8%となっています。
会計ソフトでは、税込方式か税抜方式かは設定で行うため、仕訳を入力するときは税込の金額を入力すれば大丈夫です。
なお、税抜方式の場合は、自動的に「仮払消費税」が計上されます。

商品券を購入した場合の消費税の税区分

9,500円で商品券(10,000円分)を購入し、現金を支払いました。

借方科目借方金額税区分貸方科目貸方金額税区分
仕入高9,500円非課税仕入現金9,500円対象外

商品券の仕入高の消費税の税区分は非課税仕入となります。
ギフト券や旅行券、クオカード、図書券などの仕入高も非課税仕入となります。

タイトルとURLをコピーしました