Adobeの勘定科目と仕訳について公認会計士が解説!

会計

仕事で使用するAdobe AcrobatやAdobe Photoshop、Adobe Illustratoなどのパッケージソフトの購入代金や、Adobe StockやAdobe Creative Cloudのサブスク料金の簿記の仕訳、勘定科目について、例題を使って仕訳例を説明します。

パッケージ版を購入した場合

家電量販店でAdobe Photoshopのパッケージソフトを購入し、代金27,000円を現金で支払いました。

借方科目借方金額貸方科目貸方金額
消耗品費27,000円現金27,000円

単価がそれほど高価なものではないので「消耗品」の勘定科目を使用するとよいでしょう。
追加でライセンスを購入した場合も「消耗品」や「支払手数料」の勘定科目で処理しましょう。

サブスクリプションを契約した場合

Adobe Creative Cloudの12か月版を契約し、代金73,000円を振込で支払いました。

借方科目借方金額貸方科目貸方金額
支払手数料73,000円普通預金73,000円

サブスクの方は、ソフトの利用料なので「支払手数料」の勘定科目が合っているでしょう。
1年契約なので、決算期をまたいでいても「前払費用」で処理する必要はありません。

タイトルとURLをコピーしました